慢性片頭痛予防薬「アジョビ」につきまして

アジョビ(一般名:フレマネズマブ)が6月23日承認になりました。
CGRPを抑制する薬理機序としてはエムガルティに次ぐ、
国内2番目の片頭痛の予防薬になります。

エムガルティとの違いについては用法と用量です。

  • 4週間に1回投与 1本ずつ投与(初回1本、エムガルティは初回2本)
  • 12週間に1回投与 3本ずつ投与(エムガルティと違い3ヵ月に一度の通院

 値段はまだ未定です。

特徴としては、

ライフスタイルに合わせた投与スケジュール

が出来るという点です。

3ヵ月に一度となると有効性が低下するのでは?と心配になりますが、
以下のデータをご参考にして下さい。

抗CGRP抗体の違いは

  • エムガルティはヒトフレームワーク部分及びヒトIgG4からなる
  • フレマネズマブはヒトフレームワーク部分及びヒトIgG2からなる

と、構造が異なるため、

効果については同等と言われますが、効果の比較は未だ明らかにはなっていません。

因みに以下が、構造式です。

【エムガルティ(ガルカネズマブ)】

【アジョビ(フレマネズマブ)】